小竹町トップへ

災害に備えて、防災準備をしていますか?

最終更新日:
総務課 TEL:09496-2-1212 FAX:09496-2-1140 メール shomu@town.kotake.lg.jp

 災害による被害をできるだけ少なくするためには、自分の身を守るために取り組む「自助」、国や地方公共団体などが取り組む「公助」、地域や身近にいる人同士で取り組む「共助」の連携が重要になります。その中でも基本となるのが「自助」。一人ひとりが自分の身の安全を守ることが大切です。災害はいつ起きるのかわかりません。災害から身を守るために、日ごろから災害に備えましょう。

 

 

家の中の危険個所を確認しましょう

 家の内外の危険個所を点検して、危険個所の修正や補強をしましょう。


 

家具の安全な配置・転倒防止対策をしましょう

 家具が倒れてけがをしたり、出入り口をふさいだりしないように、家具の向きや配置を工夫しましょう。また、家具の転倒や落下の防止対策をしましょう。

 

≪例えば≫
タンス・・・床側をストッパーなどで、天井側をポール式器具で固定します。上下に分かれている家具は連携しておきましょう。

食器棚・・・L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金を付けます。ガラスにはガラス飛散防止フィルムを張りましょう。

テレビ・・・粘着マットを敷いて転倒を防止し、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに固定します。

窓ガラス・・・強化ガラスに替えたり、飛散防止フィルムを張ります。カーテンを閉めておくことで室内への飛散防止に効果があります。

 

 

非常持ち出し品や非常備蓄品を備えましょう

 

非常持ち出し品

 日ごろから非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサック等に詰めておき、いざという時にすぐに持ち出せるように準備しておきましょう。

≪チェックリスト(例)≫

▢飲料水(500ml×2本程度)

▢食料品(乾パン、缶詰、ビスケット、あめなど)

▢貴重品(預金通帳、印かん、現金、健康保険証など)

▢救急用品(常備薬、消毒液、ばんどうこうなど)

▢衣類(下着、タオル、毛布など)

※常備薬は忘れがちです。避難時には必ず持っていきましょう。

※乳児のいるご家庭は、ミルクや紙おむつ、ほ乳瓶なども用意しましょう。

 

 

非常備蓄品

 災害が発生した場合、水道や電気・ガスといったライフラインが使えなくなったり、食料や薬などが簡単に手に入らなくなったりします。災害時に何が必要か、乳幼児・妊婦・高齢者など家族構成によって備えるものはさまざまです。さまざまなことを想定し、優先順位をつけて準備しておきましょう。

≪チェックリスト(例)≫

▢飲料水(1人あたり3ℓ×3日分)

▢ごはん(アルファ米など1人あたり5食分)

▢食料品(缶詰、レトルト品、チョコレートなど1人あたり3日分)

▢下着・衣類

▢携帯トイレ

▢トイレットペーパー・ティッシュペーパーなど

▢カットコンロ

▢マッチやろうそく

 

 

避難場所や安全確認方法を決めましょう

 

避難場所や避難経路を確認しましょう

◉家にいる時、職場・学校にいる時などの避難場所や避難経路を決めておき、日ごろから危険個所がないか確認しましょう。

◉避難時は隣近所に声をかけて集団で行動することを心がけましょう。

 

◇防災マップで防災意識を高めよう!!

防災マップ
一人ひとりが防災意識を高め
災害が発生した時に適切な行動がとれるようにしましょう
 
 町が配布している「防災マップ」は、大雨・洪水や地震などの災害対策や災害への備え、洪水ハザードマップなどを掲載しています。
 洪水ハザードマップを見ることで、どの程度の浸水の危険があるかの水害リスクを知ることができます。その情報を踏まえ、自宅でのどのような備えが必要かを考えましょう。
 

安否確認情報の確認方法を家族同士で決めましょう

◉家族がそれぞれ別々の場所に避難した時に、お互いの安否を確認できるように、安否確認方法や集合場所を話し合っておきましょう。

◉離れたところに住む親せきや知人を経由して連絡が取れるような方法も決めておきましょう。

◉携帯電話等を持っている場合でも災害時は回線がつながりにくくなるため、連絡がとれない場合があります。安否確認は、「171災害用伝言ダイヤル」や携帯電話等のインターネットサービスを利用した「災害用伝言板」などのサービスを利用しましょう。

 

◇171災害用伝言ダイヤルの利用方法

【メッセージを残す】

 ⑴171をダイヤル →⑵「1」(録音)を選ぶ →⑶メッセージを残す人の電話番号をダイヤル →⑷メッセージを残す

【メッセージを聞く】

 ⑴171をダイヤル →⑵「2」(再生)を選ぶ →⑶安否を確認したい人の電話番号をダイヤル →⑷メッセージの再生

 

◇災害用伝言板の利用方法

携帯電話からインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが情報を閲覧できます。

携帯電話各社からポータルサイトのトップメニューに「災害用伝言板」へのリンクが表示されます。登録された伝言は各社の携帯電話やパソコンなどで、電話番号をもとに検索することができます。

 



 

 

 


 


 

 

 


 

関連バナー

このページに関する
お問い合わせは
総務課 庶務係
電話:09496-2-1212
ファックス:09496-2-1140
メール shomu@town.kotake.lg.jp 
(ID:1882)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで開く
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
小竹町役場  
〒820-1192  福岡県鞍手郡小竹町大字勝野3167番地1   Tel:09496-2-1212 Fax:09496-2-1140
Copyrights(c)2015 Kotake Town All Rights Reserved