教育・文化・生涯学習トップへ
小竹町 教育・文化・生涯学習

【小竹町指定文化財第4号】蒸気機関車アルコ23号・貨車ロト39号

最終更新日:
 アルコ1 ロト1
 蒸気機関車アルコ23号は、貝島炭鉱の石炭採掘に伴う、坑道充填用の砂を運ぶため、ロト型貨車を何両も率いて活躍してきました。宮若市にあった大之浦抗内の採掘後、山砂で埋め戻すため、飯塚市から山砂を採掘後、小竹町を経由し、大之浦抗まで山砂を運搬していたため、充填列車と呼ばれていました。
 アルコとは、アメリカ合衆国の蒸気機関車製造会社、アメリカンロコモーティブカンパニーの略称であり、車体の両側に大きな水タンクを抱えており、その角張った独特のスタイルから「弁当箱」のニックネームで親しまれました。アルコ社が製造した機関車が日本で現存しているのは、アルコ22号とアルコ23号のみであり、アルコ22号は宮若市に保存されています。
 アルコ23号は、1920年(大正9年)にアメリカ合衆国から輸入されて以来、1976年(昭和51年)まで56年もの間、走り続け20世紀の日本の発展に大きく貢献しました。
 令和元年11月、アメリカ合衆国より輸入されて99年の時を経て、活躍当時の姿に復元しました。

                    蒸気機関車アルコ23号            貨車ロト39号
                    大きさ(㎜)長×幅×高 8623×2432×3110   大きさ(㎜)長×幅×高 5747×2178×2306
                    重さ(t) 運転整備時 26.5 空車時 22.0     積載重量(t) 11.0  
 
   

所在地

小竹町運動公園グラウンド 多目的広場(小竹町大字勝野1757番地の1)
 

定休日

なし
 

料金

無料
 

駐車場

あり(中央公民館の駐車場を利用してください)


関連バナー

このページに関する
お問い合わせは
小竹町中央公民館
電話:09496-2-0452
ファックス:09496-2-6899
chukou@trust.ocn.ne.jp 新しいウィンドウで開く
(ID:114)
新しいウィンドウで開く このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで開く
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
小竹町役場   〒820-1192  福岡県鞍手郡小竹町大字勝野3167番地1   Tel:09496-2-1212
Copyrights(c)2015 Kotake Town All Rights Reserved