小竹町トップへ

新型コロナウイルス感染症について

最終更新日:
 

発熱等の症状がある場合の相談・受診方法が変わります。

 季節性インフルエンザの流行と新型コロナウイルスの感染再拡大が重なると、どちらの感染を疑うべきか不明な発熱患者等が増えることが

 想定されます。このため、発熱等の症状がある方は、まずはかかりつけ医等の地域で身近な医療機関に電話相談しましょう。

 なお、相談した医療機関で、診療・検査ができない場合や、相談する医療機関に迷った場合は、嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所(保健所)

 の「受診・相談センター」に電話相談してから受診するようにしましょう。

 

相談・受診する場合の流れ

 (1)かかりつけ医等の地域で身近な医療機関に電話で相談しましょう。
  ・受診前に必ず電話で相談をして、来院時間等を決めてください。
  ・できる限り公共交通機関以外で受診するようにしてください。
  ・来院時間を守り、マスクを着用して受診してください。
 
 (2)電話相談した医療機関で診療・検査できない場合や、相談できる医療機関に迷った場合は、
    嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所の「受診・相談センター」に電話相談しましょう。
 
    ◇◇受診・相談センター◇◇
    嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所(保健所)
    電話番号:0948-21-4972
    夜間・休日の連絡先:092-643-3288
 
 

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールしましょう!

 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、厚生労働省が開発したものです。

 本アプリは、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に通知を受けることができるもので、感染の可能性をいち早く知ることができるとされています。それにより検査の受診など保健所のサポートを早く受けることや外出自粛など適切な行動を取ることができ、感染拡大の防止につながることが期待されています。なお、個人が特定される情報や、陽性者と接触者(接触の可能性があると通知を受けた者)との関係についての情報は一切記録されず、プライバシーは十分に保護されています。

 外出するとき、店舗や施設を利用するとき、催物(イベント等)に参加するときの感染防止対策として、接触確認アプリをインストールしましょう。

 

 インストール方法等の詳細は、厚生労働省「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」新しいウィンドウで開く(外部リンク)をご覧ください。

 

 

感染予防のポイント

 

新型コロナウイルス感染予防のポイント

 新型コロナウイルス感染症については、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、一人ひとりの手洗いや咳エチケットなどがとても重要です。感染症防止対策に努めていただくようお願いいたします。

  • マスクの着用
  • 咳エチケット
  • 手洗い・うがい
  • 手指の消毒を行う場合には、消毒用アルコールが有効です。
  • 体の抵抗力を高めるために、十分な睡眠と休養、バランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。
  • 3つの密を避けましょう(換気の悪い密閉空間・多数が集まる密集場所・間近で会話や発声をする密接場所)

「新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)(外部リンク)

 

 

人との接触を8割減らす、10のポイント

 誰もが感染するリスク、誰でも感染させるリスクがあります。新型コロナウイルス感染症から、あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみましょう 。

  1. ビデオ通話でオンライン帰省
  2. スーパーは1人または��人数で空いた時間を行きましょう
  3. ジョギングは少人数で、公園は空いた時間・場所を選びましょう
  4. 買い物は通販も利用しましょう
  5. 飲み会はオンラインでしましょう
  6. 診療は遠隔診療(定期受診は間隔を調整)も考えましょう
  7. 筋トレやヨガは自宅で動画を活用しましょう
  8. 飲食は持ち帰り、宅配も利用しましょう
  9. 仕事は在宅勤務(通勤は医療・インフラ・物流など社会機能維持のために)を検討しましょう
  10. 会話はマスクをつけましょう
 
 

家庭内で注意すべきこと~8つのポイント~

1.部屋を分けましょう

 食事や寝るときも別室にし、患者本人は極力部屋から出ないようにしましょう。トイレ、バスルーム等共有スペースの利用を最小限にしましょう。

 

2.感染者のお世話はできるだけ限られた方で

 心臓、肺、腎臓に持病がある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、妊婦の方などが陽性者のお世話をするのは避けてください。

 

3.マスクをつけましょう

 使用したマスクは他の部屋に持ち出さず、マスクを外す際にはゴムやひもをつまんで外し、マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。

 

4.こまめに手を洗いましょう

 こまめに石鹸で手を洗い、アルコール消毒をしましょう。

 

5.換気をしましょう

 共有スペースや他の部屋も窓を開け放しにするなど換気しましょう。

 

6.手で触れる共有部分を消毒しましょう

 ドアの取っ手、ノブ、ベット柵など共用部分は薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒し、洗浄前のものを共用しないようにしてください。

 

7.汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

 体液で汚れた衣類、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。

 

8.ゴミは密閉して捨てましょう

 鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨ててください。

 

 

感染リスクが高まる「5つの場面」

 この5つの感染リスクが高まる場面が、皆さんの生活の中に潜んでいないか、ぜひご覧になってください。

  • 場面(1)飲酒を伴う懇親会等
  • 場面(2)大人数や長時間におよぶ飲食
  • 場面(3)マスクなしでの会話
  • 場面(4)狭い空間での共同生活
  • 場面(5)居場所の切り替わり

 感染リスクが高まる「5つの場面」(PDF:812.1キロバイト) 

 

新型コロナウイルス感染症対策本部からお知らせします

 福岡県は、5月14日、「緊急事態宣言」が解除となりました。

 本町でも、県の措置に基づき、県と連携して取り組んでいきます。

 町民の皆さまにおかれましては、引き続き週末や休日、平日での「生活の維持に必要な場合」を除き、

 不要不急の外出、3密(密閉・密集・密接)を控えていただきますようお願いいたします。

 その他、手洗い、マスクの着用を心掛け、ひとりひとりが感染拡大防止に向けた取り組みに、ご理解とご協力をお願いいたします。 

 

新型コロナウイルス感染症について

 2019年12月以降中国湖北省武漢市において、新型コロナウイルスに関連した肺炎患者が確認されています。

 風邪やインフルエンザと同様に、咳エチケットや手洗いなどを徹底し、ウイルスの感染を防ぎましょう。

 

 詳しくは、下記の関連ページをご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症ポータルページ(福岡県庁ホームページ)新しいウインドウで(外部リンク)

感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~(首相官邸ホームページ)新しいウインドウで(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸ホームページ)新しいウインドウで(外部リンク)

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)(厚生労働省ホームページ)新しいウインドウで(外部リンク)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)新しいウインドウで(外部リンク) 

 

 


関連バナー

(ID:2185)
新しいウィンドウで開く このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで開く
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
小竹町役場  
〒820-1192  福岡県鞍手郡小竹町大字勝野3167番地1   Tel:09496-2-1212 Fax:09496-2-1140
Copyrights(c)2015 Kotake Town All Rights Reserved